小象のしっぽ(小象の会ブログ)

小象の会(NPO生活習慣病防止に取り組む市民と医療者の会)は一般市民の方と医療者が力を合わせ、生活習慣病に関する様々な情報発信を行っているNPOです。このブログでは、メンバーの趣味や創作など、日々の生活を彩る様々な事柄について気楽に掲載しています。

iki_to

袖触れ合うも多生の縁(1) 東北大病院の高度救命救急センターにまつわる話

 かつて私が関わっていた全国労働衛生団体連合会(全衛連)の理事会に、宮城県の「杜の都産業保健会」新たに山田章吾さんという方が理事に加わりました。山田さんは、長身で矍鑠としていて、目力のある方。その後も、理事会で顔を合わせることがありましたが、直接お話しすることもなく、山田さんが医師であるのか、あるいは事務屋であるかもわかりませんでした。

ある時、ネットに山田章吾さんのことが載っているのを目にし、その内容が感動的なものでしたのでここにご紹介します。

 (ヨミドクター 東北大病院100年 2015年12月17日の記事を引用

 

東北大病院の正門前にそびえる高さ約3メートルの救命救急の碑。元病院長の山田章吾(67)は碑を建てるきっかけになった16年前の事故を一日たりとも忘れたことはない。

 

 1999年6月23日 東北大学病院正門前の歩道で自転車に乗っていた女子高校生が、車道に倒れ、市バスに轢かれ急車で搬送された。搬送先は、目の前の東北大病院ではなく、約3㎞離れた別の病院。当時、東北大病院は救急の診療は夜間や休日に限られ、現在のように常時患者を受け入れていなかった。

女子高生は3時間後に息を引き取った。

 

 事故から4年後の2003年、両親は東北大病院に呼ばれた。病院室で謝罪したのは、その前年に病院長に就任していた山田章吾先生だった。山田先生が病院長になって最優先課題としたのは、救急医療の充実だった。専門はがんの放射線治療で門外漢だったが、事故現場に絶え間なく手向けられる花を見て、碑を建てることを決めた。

 

 2004年の除幕式で、山田先生は「救急医療に対する東北大病院の決意を示すもの」と述べた。「目の前で倒れた人に手を差し伸べることができなかった。ここで医療に携わる者は、その反省をずっと胸にとどめて欲しい」と願いを込めた。

 

 2006年、院内に開設された高度救命救急センターは、東日本大震災の際、80人を超える患者がヘリで搬送されるなど、多くの命を救った。

 私は、「袖触れ合うも多生の縁」という言葉を、私がよく知っている人も、それほど知らない人も、袖が触れ合う程度であれば、縁のあった人と捉えて生きてきました。そして、広い意味でそのような人たちを知り合いと呼んできました。これは人と人の出会いを、広げる力があり、お陰様で顔が広くなりました。

 

 

医者になれなかった医者の息子の話

 開業医の家に生まれ育った私が、結局医者になれなかったという話です。

 私が生まれたのは第一次ベビーブームの時期、当時の開業医は、職住一体。小児科であったので、子供の泣き声が一日中聞こえる毎日でした。子供さんはなぜか夜や週末に症状が急変することで、診療に来られることが多く、そのような環境の中で私は育ってきました。

 そのため、家族でのまとまった行事は後回しになりますが、それを不満に思ったことは無く、父が医者であることは、誇りでした。

 自分の将来を、父から強制されたことは一度もありませんでした。しかし、自然と医者になろうという気持ちを持つようになったのです。余談ですが、父親が勤務医の場合、子供が跡を継ぐ意識(義務感)はそれほど大きくないように思えました。

 小学校は市内の公立でした。名門中学に進学しようと神奈川の栄光学園と国立大学の付属中学校を目指そうとしましたが、栄光学園はクラス担任から無理だからあきらめるよう諭され、付属中学校は不合格でした。ということで小学校と同学区の中学校に進学しました。それなりに勉強はしました。(後から振り返ると、「それなりに」では足りなかったことを思い知ることになります)。当時、市内の義務制の中学校は、上位二校のレベルが、特に高く、子供に将来をかける親たちの、いわゆる越境入学が散見されました。

 今では中学生が塾に行くことはそれほど珍しくはありませんが、当時はメジャーではなく、私塾に行く人がわずかに見られ、それなりに成果が表れました。

言い訳ではありませんが、私は学校の勉強だけで高校を受験した結果、県立は不合格で、私立高校に入学、ここで大学の医学部を目指すことになりました。

 私の行った高校は、生徒の自主性を重んじる方針で、三年生では自習できる時間が取れる配慮がされていました。私はごく普通に勉強をしましたが、自信を持てるレベルには至りませんでした。

 私は、私立の医学部を受験しましたが不合格。私の記憶では、受験した大学の合格率は約20倍、しかも、この年は東大紛争により東大受験のなかった年で、東大理Ⅲを本来受ける予定の受験生が受験先を切り替えるか、浪人して翌年東大を受験するような医学部受験には厳しい状況でした。一方、昭和40年代は国民皆保険制度の定着による医師不足や医療水準向上の要請などに対応し、医学部の拡充が図られた時期でもありました。

 結局、現役受験に失敗し、さらに一浪しても医学部に合格することができず、止む無く方向転換し、二浪して文科に進み、私の医者への道は終わりました。

 父は、本当は私を医者にしたかったのだと思います。私は父に申し訳ないという気持があり、それをいまだに持ち続けています。

教訓:少年易老学難成   
                                       櫻井 義人                                        

ギャラリー
  • オペレッタ『こうもり』①
  • フードロスを防ごう
  • 千葉市の受動喫煙防止条例
  • 新型コロナウイルスに負けないために
メンバーリスト