千葉市の受動喫煙防止条例新型コロナウイルス感染症と生活習慣病

2020年05月19日

フードロスを防ごう

新型コロナ感染症による自粛が続いています。通常なら飲食店などで消費されるはずだった食材が、行き場を失い、このままでは廃棄せざるを得ない状況になっています。手塩にかけて育てた野菜、お肉、魚介類、捨ててしまうなんてもったいないし、生産者にとっては死活問題。そのため、何とか活路を開こうとネットによる販売の試みがあちこちで行われています。

千葉県で生産されているジャンボ野菜、大江戸スカッシュ(ズッキーニ)と江戸菜(小松菜)もそんな野菜のひとつ。飲食店や給食で使われていたのだそうです。豊洲市場ドットコムでフードロス削減として販売されていました。それが本日届きました。ズッキーニは1個で、小松菜は一束でそれぞれ1kg、見たこともない巨大さ!これらの野菜が畑で育っているところを想像すると、驚嘆すべき光景ではないですか?それが廃棄されるなんて!というわけで、明日からじゃんじゃん料理に使いたいと思います。
ジャンボ野菜すごい大きさだにゃー


kozounokaiblog at 21:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
千葉市の受動喫煙防止条例新型コロナウイルス感染症と生活習慣病