弘田三枝子

 弘田三枝子さんのエピソードとしては「人形の家」でイメージチェンジをしたことでしょう。たしか「ミコのカロリーブック」とかいうダイエットの本を出版してかなり売れたと記憶しています。

彼女のイメージとしては「人形の家」「ロダンの肖像」などの一連のヒット曲ですが、彼女の本当の魅力はデビュー当時の日本人離れした圧倒的な歌唱力にあります。「ヴァケーション」「子供じゃないの」「はじめての恋人」など素晴らしかったです。

当時の音楽雑誌「ミュージックライフ」の人気投票では、女性歌手部門で彼女がダントツの一位を独走していました。それも二位の歌手を圧倒的に引き離しており、いつも弘田三枝子さんが一位で二位以下の歌手はよく入れ替わったと記憶しています。やはり彼女の魅力はパンチのきいた日本人離れした圧倒的な歌唱力にあり、リズム&ブルースやジャズもかなり歌っていました。当時アメリカにあこがれた若者には弘田三枝子さんの歌唱はかなり衝撃的でした。

 白井康則