エルビス・プレスリー

 彼のイメージは1970年頃にカムバックしたあのキンキラな衣装でバックに大勢のミュージシャンを従えた姿でしょう。そんなステージを映した「エルビス オン ステージ」という映画も有名でした。でも彼の本当の魅力は1950年代後半のスコティームーアやビルブラックをバックに配し、ギターを抱えブレザーを着流したあのスタイルです。

あの頃の歌唱は本当に素晴らしく、日本の歌手はほとんど彼のスタイルをコピーしていました。「冷たくしないで」「ハートブレイクホテル」「ハウンドドック」「監獄ロック」「好きにならずにいられない」など名曲がいっぱいありました。

 白井康則