合唱団で練習中の『こうもり』
主な登場人物をご紹介します。
・アイゼンシュタイン :銀行家でお金持ち
・ファルケ博士:アイゼンシュタインの友人(今回のドタバタの仕掛け人)
・ロザリンデ:アイゼンシュタインの新婚の奥さん
・アデーレ:ロザリンデの小間使い 女優志望
・オルロフスキー公爵:ロシア人の大金持ち、若いけれど人生に飽きている
・アルフレード:ロザリンデの元恋人。イタリア人の声楽教師で未練あり。
・イーダ:アデーレの姉
・ブリント博士:アイゼンシュタインの(有能とは言えない)弁護士。
・フランク:刑務所の所長
以上がソリストが演じる登場人物で。上から5人はたくさん出番があります。
オルロフスキー公爵は男性ですが、若い男ということで、メゾソプラノの女性が演じるのが決まりです。
『こうもり』というのはファルケ博士のあだ名です。以前仮装パーティにコウモリの扮装で出かけ、泥酔したファルケ博士を一緒に行った友人のアイゼンシュタインがそのまま放り出して帰ってしまったのです。朝になってその恰好のまま帰宅することになってしまったファルケ。それを見た近所の子供たちに『こうもり博士』と不名誉なあだ名をつけられてしまいました。以来ファルケはアイゼンシュタインに復讐する機会を狙っていたのでした。