小象のしっぽ(小象の会ブログ)

小象の会(NPO生活習慣病防止に取り組む市民と医療者の会)は一般市民の方と医療者が力を合わせ、生活習慣病に関する様々な情報発信を行っているNPOです。このブログでは、メンバーの趣味や創作など、日々の生活を彩る様々な事柄について気楽に掲載しています。

私のSymphony best11 作曲家ひとり1曲限定

第11位 カリンニコフ 1番 ベルリオーズ 幻想
第10位 モーツァルト 41
第 9位 フランク 短調
第 8位 ブラームス 
第 7位 ベートーベン 田園
第 6位 シューベルト 未完成
第  チャイコフスキ 悲愴 ショスタコーヴィチ 第1番
第 4位 メンデルスゾーン イタリア
第 3 グレツキ 
第 2位 ベリウス 第1番
第 1位 ビゼー ハ長調
どうしてこの曲?この順序? 13曲じゃん、と言われても、好みですから。
別の機会には順序も変わるでしょう。  篠宮正樹

SPレコードの思い出。 NO.2 テレフンケンのオペラシリーズ

SPレコードは録音時間が極めて短いので歌劇の全曲盤は何枚もレコード版が必要で、厚い百科事典の様になっていました。ここに紹介する「テレフンケンのオペラシリーズ」はかなり珍しいものです。
演奏が2~3時間もかかる歌劇の全曲がSPレコード1枚に凝縮して入っているのです。しかも現代のCDによるハイライト盤の様に劇中の有名な曲を順に羅列するというパターンでなく、劇中の曲をアレンジしてそれらの曲をつなげて全体でひとつの曲になっているのです。CDの時代では考えられないです。
「魔弾の射手」「マルタ」「リゴレット」などいろいろと出ていました。

NO.3に続きます。 白井康則

SPレコードの思い出。 NO.1 SPレコードの魅力

例えばヴォーカル物の場合、歌っている歌手が自分のすぐ横で歌っているような感じがするのです。勿論、LPレコードや現代のデジタル録音に比べると音は良くないのですが、妙な親近感があるのです。
たとえばビートルズの「レット・イット・ビー」がSPレコードであった場合、ポールが僕のすぐ近くで歌っているのを聴いているような感じになると思います。 
NO.2に続きます。  白井康則。

ギャラリー
  • オペレッタ『こうもり』①
  • フードロスを防ごう
  • 千葉市の受動喫煙防止条例
  • 新型コロナウイルスに負けないために
メンバーリスト